「Rosetta@home プロジェクト」って何?

 

Rosetta @ homeは、最終的にいくつかの主要な人間の病気の治療法を見つけることにつながるかもしれない研究において、タンパク質の三次元形状を決定するためにあなたの助けを必要としています。あなたがコンピュータを使っていない空き時間に、Rosettaプログラムを実行することによって、あなたは私たちの手助けをすることができます。あなたが参加することで研究のスピードアップは進み、そして更なる研究の手助けとなります。HIV、マラリア、癌、アルツハイマー病などの病気と戦うための新しいタンパク質の設計における私たちの活動を支援できるのです。Rosetta @ homeの活動に参加してください!Rosetta @ homeは非営利団体です。

なぜ?

タンパク質の立体構造とその複合体を予測して設計する必要があるのですか・・・?

タンパク質は分子機械であり、生命の構成要素です。それらの機能および相互作用は、すべての生物の化学的および生物学的枠組みおよびプロセスにとって重要です。タンパク質の機能とそれが他の分子とどのように相互作用するかは、その形状(立体構造)によって大きく左右されます。タンパク質は最初、アミノ酸の長鎖として合成され、そして大部分は、それらが複雑な球状構造に折り畳まれるまで適切に機能することができません。主骨格の折り畳みおよびアミノ酸の分子側のパッキングを含む、この複雑な折り畳みプロセスを支配する規則を理解して予測することは、生物学の中心的な問題の1つです。タンパク質がどのように折り畳まれて他の分子と相互作用するのかを知り、それらの機能を決定することは、最終的には創薬につながり、そしてヒトの病気の治療法につながるかもしれない。現在、X線結晶学および核磁気共鳴(NMR)を用いて実験的にタンパク質の構造を決定するために数百万ドルが費やされています。もしこれが計算的に行われることができれば、それは大幅にコストを削減し、そして構造生物学に革命を起こすと思われます。タンパク質構造および複合体を設計することは、重要な科学的および実用的利益を提供する。全く新しい構造を設計することができれば、潜在的に新しい分子機械(治療、触媒などの新しい機能を実行するためのタンパク質)を設計することもできます。可能なこと、または可能性の異なる折り目があるかどうか。折りたたみとデザインを支配する規則を理解することはこの質問の答えを見出す手助けになるかもしれません。

 詳しい情報については、以下のWikipediaへのリンク先を訪問してご確認下さい。

                ©2019ワシントン大学 http://www.bakerlab.org 

                               翻訳協力googleteacher

さぁ!市民科学者になろう

​© BOINC@TOKYO 2016-2019 非営利組織(当サイトは仮想通貨関連サイトとは一切関係ありません)

Boinc.Tokyo@gmail.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Flickrの社会のアイコン
  • Google+のソーシャルアイコン