BOINC@TOKYO
BOINC@TOKYO
BOINC@TOKYO

▶︎SETI@HOME(セチ アット ホーム)とは?

ご参加いただいたチームメンバーのみなさまへ。SETI @HOMEは31.Mar.2020をもって解析データの配信が停止され、終了しました。BOINC@TOKYOはSETI@HOMEにご参加いただいた方々に引き続き、COVID-19ウイルスの研究にコンピューティング能力を寄付し続けることを切に、願っております。私たち人類は、未だ見ぬ恐怖のウイルスが進めているシナリオの弱点を見つけ出し、終結できると信じています。きっと、できるはずです・・・

地球外知的生命体探査プロジェクト。

SETI@HOMEの ”SETI”  は "Search for Extra-Terrestrial Intelligence"(地球外知的生命体探査)の略です。

 

要は、「宇宙人を見つけよう!」という活動なのです。

SFでもあるまいし、笑っちゃうなと思われるかもしれませんが、いたって真面目な話。

天文学・科学的根拠に基づいて活動しているプロジェクトなんですよ。

プエルトリコにあるアレシボ天文台。

映画「007」のクライマックスで使用されたことでも有名な天文台。

アレシボ天文台が収集した、宇宙から届いた電波データを私たちに配信し、受け取ったデータを解析します。

解析が終了したデータはサーバへと送り返され、さらなる検証が行われます。

 

運営は、アメリカ合衆国 カリフォルニア大学のバークレー校 ”Space Sciences Laboratory” が実施しています。

ホーキング博士も支持している新しいプロジェクト詳細はここから⇨http://www.breakthroughinitiatives.org/

   

プロジェクトに参加する方法は、いたって簡単です。コンピュータに ”BOINC Manager”(ボインクマネジャー)をインストール。

インストール後は、プロジェクト選択で”SETI@HOME"を選択します。

ロマンとは言い切れず、現実味を帯びてきている地球外生命体。

何かの電波をあなたが発見するかもしれませんよ。

BOINC@TOKYO
BOINC@TOKYO
BOINC@TOKYO