LHC@home

 LHC @ homeは、Berkeley Open Infrastructure for Network Computing(BOINC)プラットフォームに基づいた粒子物理学のための分散コンピューティングプロジェクトです。

LHC @ homeは、2004年9月まで動作していたLHC @ home Classic、SixTrackの2つのアプリケーションで構成されています。これは、欧州原子核研究機構(CERN)の粒子加速器大型ハドロン衝突装置(LHC)@home 2.0、Test4Theory(現在のVirtual LHC @ home)は、2011年8月に公開され、LHCで実行された測定をテストするためのリファレンスを提供するために高エネルギー粒子衝突をシミュレートするために使用されています。

 これらのアプリケーションは、2014年6月現在で平均15.5 テラフロップを超える約15,000のアクティブボランティアを処理しているコンピュータの助けを借りて実行されます。LHC @ homeは、ボランティアのコンピュータの計算処理リソースを使用して計算を実行し、個々のワークユニットのプロジェクトへと送信されます。プロジェクトはクロスプラットフォーム上で実行し、さまざまなハードウェア構成でも動作します。Virtual LHC @ homeはx86仮想化ソフトウェアパッケージであるVirtualBoxを使用しています。wiki引用

私たちと共に、未来へ寄与できるプロジェクトへの参加を楽しみにしております。

​© BOINC@TOKYO 2016-2019 非営利組織(当サイトは仮想通貨関連サイトとは一切関係ありません)

Boinc.Tokyo@gmail.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Flickrの社会のアイコン
  • Google+のソーシャルアイコン